ウェブサービス

フリーナンスは、フリーランスに関する不安を解消できるサービス!

みなさんは『フリーランス』という言葉を耳にしたことはありますか?

近年、ニュースやSNSなどで使われるようになりだんだんと身近な言葉となってきていますね。

「フリーランス」とは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことを指します。

一般的な例としては、ライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどの職種において、個人で仕事をしている人のことを指すことが多く、いわゆる自分の才覚などで仕事をしている人といえるでしょう。

もともとは中世ヨーロッパで、契約により有力者に仕えた騎士をフリーランス(当時の武器は槍=lance)と呼んだことからきているという説もあります。

企業に縛られず、自分の都合で仕事を進めていけるという面があるので、ひそかに憧れている方もいるかもしれません。

ところが、このフリーランスという仕事をしている人の7割強は不安を抱いているというデータが出ているのをご存知でしょうか?

フリーランスにおける不安な点は、下記のようなものが多いといわれています。

・先行きが見えないことへの不安

・仕事のない時間が多いこと(=暇な時間が多いこと)への不安

・仕事を断ると、それ以降の仕事もなくなるかもという不安

・何年、フリーランスとして頑張っていけるのかという不安

・健康に対する不安

何もかも自分で対処していかなければならない、という点において不安な要素はこれら以外にも出てきてもおかしくないのが実情です。

さらに昨今は、日々のくらしに制限がかかっており、不安が大きいという方も少なくないでしょう。

今回はフリーランスの仕事をしている方が自信を持って、生き生きと自由に働くためのお手伝いをしている『フリーナンス』をご紹介します。

早速、どのような特長があるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

フリーナンス:フリーナンスあんしん補償

仕事中の事故や情報漏えいなどが起きた場合、どのように対処したらよいのでしょうか?

会社員であれば労災などといった企業側からの保障があるものですが、フリーランスの場合は自分で解決しなければならないという心配が生じてしまいます。

フリーナンスのあんしん補償は

お仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故の補償(最高5,000万円)だけでなく、情報漏えいや著作権侵害、偶然の事故による納期遅延などを原因とするフリーランス特有の事故の補償(最高500万円)を行ってくれるのが大きな特徴です。

文章だけではわかりにくいので、イラストを借りました。

フリーナンスのあんしん補償の例 フリーナンスのあんしん補償の例

納期遅延などの事故はつきものなので、何かトラブルがあったときに、頼れる場があるのは大変ありがたいですよね。

無料で登録するだけで、最高5,000万円の損害賠償が付く!

何があるか分からないからこそ、フリーナンスという後ろ盾があるのは、フリーランスの方にとっては強みになること間違いないでしょう。

フリーナンス:フリーナンス即日払い

フリーナンスの即日払いの仕組み

即日払いは仕事中の請求書を買い取って、その代金をなんと最短で即日にあなたの銀行口座に振り込むしくみです。

銀行融資ですと多くの書類が必要で、担保や保証人も用意する必要があり、考えるだけで頭が痛くなってしまいそうですよね。

フリーナンス即日払いでは、すでに取引のあるクライアントの請求書であれば、わずか数クリック+αで即日払いを申請することが可能です。

さらに、フリーナンス口座を利用すればするほど手数料が下がるのも大きな特徴です。

取引先に即日払いの利用を知られることもないため、気軽に使いやすいのもありがたいですね。

フリーランスの請求書を即日払い【FREENANCE】

フリーナンス:所得補償「フリーナンスあんしん補償プラス」

フリーナンスのあんしん補償の例

フリーランスで働く上で一番気になるのが、健康上の問題です。

会社員であれば体調を崩して休んだとしても有休や傷病手当などの制度を利用することが出来ますが、フリーランスの場合はそのような制度はありません。

それをカバーするのが『フリーナンスあんしん補償プラス』で、ケガや病気で働くことができなくなった場合に、最長1年間の所得の補償を受けることができます。

家族を養っているフリーランスの方でも、安心して働くことができますね。



フリーナンス:まとめ

フリーランスに興味を持っている方も、すでに仕事にしている方もぜひ知っていただきたいサイト「フリーナンス」。

安心して働くための、大きな支えとなってくれること間違いないでしょう。