ウェブサービス

ロリポップからConoHa WING(このはウィング)へ乗り換えてみた!

今回はロリポップのサーバーで契約していたブログをConoHa WING(このはウィング)に乗り換えてみよう!ということで、まとめた記事になります。

2018年に始まったばかりの「ConoHa Wing(このはウィング)」。

ConoHa Wingの評判はどうなのかを知りたかったので、周りの知人に聞いてみたのですがまだ新しいサービスのためか、なかなか知っているという人がいませんでした・・・。

口コミも気になるタイプなので、乗り換えるかどうか悩みましたが、結果的には乗り換えて良かったです。

スポンサーリンク

ConoHa WING(このはウィング)に乗り換えた理由

このブログ以外に、いくつかのブログを運営しているわけですが、そのなかのひとつのブログの表示速度が遅くなってきていました。

そのブログは初心者だった頃にWordPressで始めた趣味ブログで、ロリポップで契約したものでした。

ブログをやっている人はご存知かもしれませんが、ロリポップは初心者に優しく、わかりやすいサービスですよね!

しかし、記事数が増えるとともにPV数が増え、ブログの表示速度が遅くなってしまいました。

あとWordPressのプラグインも多いのも原因のひとつかもしれないません・・・。

そのため、もっと表示速度を早めるサーバーはないかなーと調べたところ、ConoHa WING(このはウィング)というサービスが最近でてきたことを知ったため、乗り換えを検討してみることに。

あと「ConoHa Wing1周年記念」で、.comなどの新規ドメイン取得が0円だったのも、惹かれましたね。

.comのドメインを取るのって、結構高いんですよね・・・。



ConoHa WING(このはウィング)の料金形態は?

サーバー乗り換え検討の際に気になるのは、料金。

ConoHa WINGは、初期費用や最低利用料金がかかりません。

>>>ConoHa WING(コノハウィング)はこちら

また月の途中で申し込みしたり、退会した場合、定額ではなく利用した時間の分だけ請求されるという時間課金制となっています。

これは無駄にお金を払わずに済むので、ありがたいサービスですよね。

・一番安い「ベーシックプラン」で1時間あたり2円(1ヶ月1,200円)
・一番人気の「スタンダートプラン」は1時間あたり4円(1ヶ月最大2,400円)
となります。

そのため、たくさん使ってしまった場合でも、選んだプランの分しか請求されないので安心。

スポンサーリンク

ConoHa WING(このはウィング)の申し込み手順

ConoHa WING(このはウィング)の申し込みの手順をまとめました。

まずはConoHa WINGに登録するための、氏名や住所などの情報を入力していきます。

その次に携帯やスマホの電話番号を入力します。

本人確認のためにショートメールまたは電話音声で認証コードが送られてきます。

ConoHa WINGの利用料金の支払い方法を選択します。

今回はベーシックプランを選んでみました。

リザーブドプランって何?って思いましたが、1時間あたり2.5円(1ヶ月あたり最大1,500円~)のプランで、収容ホストの負荷があがっても、安定した状態で稼働できるプランとのこと。

私の運営しているサイトは趣味ブログでなので、今回はパスしました。

一気に負荷がかかるようなサイトや、きちんとした公式サイトであれば、このプランを検討してみるのもよいかもしれません。

初期ドメインとサーバー名を入力します。

追加ボタンをクリックし、申込みが完了です。

>>>ConoHa WING(コノハウィング)の登録はこちら

ConoHa WING(このはウィング)にWordpressを移行する

ConoHa WING(このはウィング)には、「Wordpressかんたん移行」というサービスがあります。

今まで運用していたWordPressをごっそりと一括で移行してくれるサービスです。

通常はプラグインを一個ずつ入れ直したり、記事をエクスポートもしくはFTPを使うといった苦手な作業があるわけですが、必要な情報を入力したらまるっと移行してくれるので、ほんとにラクちんです。

「WordPressのかんたん移行」の詳しい移行手順は、公式サイトに載っているので詳細は省略します。

>>>「WordPressのかんたん移行」の詳しい移行手順はこちら

このページには移行できないサイトの条件や、エラーとなってしまうプラグインなど、いくつか注意事項があるので、移行する前に必ずチェックしておきましょう。

>>>ConoHa WING(コノハウィング)の登録はこちら




上記のサイトをチェックして問題なければ、WordPressにインストールしているプラグインをひととおり停止にします。

有識者の方なら「このプラグインはを停止しなくても大丈夫」といった判断ができると思いますが、もしわからない場合はとりあえず全部停止した方が無難です(セキュリティ系は一番最後に停止しましょう)。

そしてWordPressをログアウトします。

またサイトのキャッシュもクリアしておくと、古い情報が表示されてどうして??とならずにすみます。

スポンサーリンク

ConoHa WING(このはウィング)に乗り換え:まとめ

今回はブログの表示速度をアップしたいため、ロリポップからConoHa WINGに乗り換えてみました。

その結果、若干ではありますが、表示が早くなったように感じました。

表示速度が遅くなるのは、画像やプラグインをたくさんいれたりしているのもあるのでそのあたりの見直しも必要そうです。